HOME » 契約社員って » 契約社員の長所

形態としての契約社員

契約社員の形態は、ほぼ正社員と同等です。ですから、ほとんどの人が社会保険に加入します。また、労働組合にも加入出来、二人以上の同意があれば組合を結成することも可能です。給料体制もアルバイト等の時給制とは違い、月給制や日給制が多いので残業代などの諸手当も支給されます。また、正社員は他社との二重契約は禁止されますが、契約社員だとその縛りがないので、契約外の時間は他社との契約も可能なので、柔軟に対応する事が出来ます。

この「臨床工学技士を目指す人へ」が臨床工学技士について学ぶには便利

社内での立場は

社内的な立場も正社員程の拘束はありません。社内行事や会社への忠誠心に煩わされる事がないのです。ですから人間関係などの問題も抱える事は少なく、比較的きままに従事することが出来るようです。企業によっては、アルバイトやパートタイマーの戦力化、意識向上を目的として契約社員への格上げをするケースもあるようです。企業にとっても余計な人件費をかけず、長期間低賃金で技術を積んできた有能な労働者を確保出来るわけですから、有利だと言えるでしょう。他にも正社員として定年まで従事し、その後も引き続き務める嘱託契約も、契約社員という位置づけになります。このように、契約社員は言うなれば一番現代のニーズに乗っ取った今時のお仕事形態だと言えるのかもしれません。もちろんすべての人が納得する形態というわけではありません。まだまだ選択肢があるのが今時のお仕事事情です。

冷凍冷蔵庫

↑ TOPへ戻る