HOME » 契約社員って » 今時の契約社員は

一つの勤務形態としての契約社員

契約社員の印象として、一昔前は正社員になれなかった人達が仕方なくとか、どうしてもやりたい業種、企業に所属する為に甘んじて契約社員になっているという感じだったような気がします。しかし今は、正社員の重い立場では無理だという人や、他にやりたい事があるから融通をきかせたい人、またはこれがしたいという確かな職業がつかめず、敢えて契約社員を選び模索している人がたくさんいるようです。そういった人達にとっての契約社員と言うのはとても理にかなった形態であり、企業にとっても助かるわけですから、これからも企業内での契約社員という形態の割合は増加していくのかもしれません。

営業のお仕事について
営業というお仕事

契約社員の将来

社会人になって、ストレスをうまく回避して仕事に趣味に充実した生活を送っている契約社員ですが、ふと疑問を抱く日がやってきます。それは結婚により新しく家庭を築こうとした時、または年を重ねて自分の老後を実感し始めた時です。もちろん契約社員では家庭は築けないという事は決してありません。夫婦で協力すれば人生の設計もきちんと出来るでしょう。ただ、だれしもが子供が生まれた時産休が取れなかったらどうなる?もし、どちらかが病気で入院したら?もし親の介護が必要になったら?等々、今までは考えなかった疑問がわいてくるようになります。しかし、一度契約社員を満喫した人はなかなか正社員の重たい世界には踏み込めないようです。そもそも、将来の計画がなかなか立たない人がたくさんいる為に、近頃の晩婚化や生涯独身の人が増えているのでしょうか。

↑ TOPへ戻る