HOME » 派遣社員って » 派遣社員の長所

形態としての派遣社員

1986年に労働派遣法が施工され、間接雇用が解禁さる事により派遣社員が一躍脚光を浴びました。数年前にはドラマにもなるほどの話題でしたね。企業に就職する場合、複数になればそれだけ履歴書、職務経歴書などを準備してそれぞれの企業で自分をアピールしなければなりません。しかし、派遣労働者は派遣業者に一度自分の経験やスキルなどをアピールをすれば、後は自分に合った企業を派遣業者が見つけ出してくれ、自分で選択する事が出来ます。また、正社員や契約社員とは違い。働く期間、時間、勤務地なども選択する事が出来るので、自分にぴったりの働き方を見つけることも可能です。紹介予定派遣として派遣されれば、派遣終了後に直接雇用として正社員、契約社員として企業に雇用契約する事も可能となります。

ゆとりをもった労働環境

派遣業者ではスキルを伸ばす為の研修制度があったり、社会保険が完備されていたり、厚生施設を利用する事も出来ます。そして6ヶ月就業すると有給休暇も取得出来ますから、精神的にも、肉体的にもゆとりをもって仕事をする事が出来ます。他の労働形態でもっとも有利な条件と思われるのが、派遣先でのトラブルが発生した場合です。派遣先の指示のもと仕事をするわけですから、仕事内容や人間関係でのトラブルは同じように発生する可能性がある訳ですが、その場合労働者は派遣業者に訴える事が出来ます。すると派遣業者が仲介者となって問題を解決してもらえるのです。その企業では無理だと判断すれば、また他の企業を紹介してもらえばいいわけです。そして、正社員としてはなかなか入社出来ない憧れの企業や環境でも、タイミングが合えば働く事が出来るかもしれません。そこで自分の経験を生かしていけば、ますますキャリアアップに繋がります。これらも派遣ならではかもしれませんね。

http://gmocloud.com/
GMOクラウドを知りたいならこれがイチオシ

↑ TOPへ戻る