HOME » 派遣社員って » 派遣社員の短所

いい時ばかりではない派遣社員

自分に合った条件で自分らしく仕事の出来る派遣社員ですが、仕事内容に関してはやはり正社員とは区別される場合も多いようです。憧れの企業に派遣されても、ほとんど正社員のアシスタントとしての仕事しか任せてもらえなかったりなど、なかなかキャリアに繋がる重要な仕事を任されるまでにはいかない事が多いようですね。また、いくら良い環境で有意義に仕事をしていても、契約が満了した時に延長してもらえるとは限りません。例えば、企業が経営難に陥った場合、一番に削減されるのは契約社員なのです。その場合、すぐに他の企業を紹介してもらえれば安泰でが、自分に合った企業がいつでも用意されているわけではないのです。待機期間が発生する事も少なくはありません。その期間は収入がなくなる事になるのです。

女性について詳しいのは働く女性の為の職業ガイド
美容師の体験談ページはこちら

収入でみる派遣社員

収入面から見てみると、やはり非正規雇用に分類される派遣社員ですから時給制となります。そして仲介業者が介入する訳ですからマージンが発生し、契約社員と比べると少なくなるのは仕方がありません。ましてや前述の待機期間が発生し、長くなれば生活にも影響が出てくる事になりかねません。業種によっては時給が高いものもありますが、その場合短期での契約が多いようです。そのような企業に次々派遣される保証はないのです。

このように、とても不安定な労働形態にあるので、契約社員同様将来設計は立てにくいようです。なるべくたくさんの経験を積んでスキルをあげて行かないと、どんどん条件のいい企業は他の人に先を越される事になってしまいます。企業でのアクシデントも、派遣業者のコーディネーターに仲介してもらえるとは言っても、やはり人間ですからなるべく問題なく従事してもらえる人に派遣したいと思うのも当然の結果です。ですから、労働者はある意味コーディネーターにも自分アピールをしておかなければいけないわけです。派遣社員と言えどもそれなりの努力が必要となるようですね。

理学療法士の転職・求人の情報収集に
理学療法士を目指そう!がおすすめ

エステティシャン情報のエステティシャンになりたい!
http://www.yesonmeasureaa.com/

↑ TOPへ戻る