スタンスの違い

ここ数年、稀にみる就職難が続いています。巷では不景気だからと一言で片付けてしまいがちですが、各年代で仕事に対する意識やスタンスは随分と格差があるようです。戦後から団塊の世代と言われる世代では、定年まで文字通りがむしゃらに働く時代でした。生きて行く為、家族の為にと一つの企業に生涯を託す事が自信に繋がり、誇りでもありました。その後、バブルの崩壊、ゆとり世代となって仕事に対する意識が随分変わりました。もちろん、生きる為には働かなければいけません。でも、家族の在り方が複雑となり、その目的も多様化しているようです。

働き方の違い

一企業にどっぷり浸かっていた時代は、皆正社員という位置づけで働き、アルバイトというのは、もっぱら学生が空いた時間に働いたり、主婦が昼間の空いた時間に小遣いを稼ぐというものでした。しかし現在は少し違うようです。正社員というのも一つの手段にすぎません。現在は、たくさんの顔を持った人がいます。人それぞれ、独自の価値観のもと仕事をしています。では、具体的にどのような形があるのでしょう。多様化する就業形態をもとに考えてみたいと思います。

営業の仕事をしてみよう!
http://www.louiscoumian.com/

エステティシャンの詳細情報がエステティシャンの仕事でわかる!

↑ TOPへ戻る